国保連合会について国民健康保険情報後期高齢者医療情報介護保険情報障害福祉情報
被保険者の方へ保険医療機関、保険薬局の皆様へ特定健診・特定保健指導実施機関の皆様へ国保保険者の皆様へ(会員専用)
ホーム > その他 > セキュリティポリシー

セキュリティポリシー

茨城県国民健康保険団体連合会 情報セキュリティポリシー基本方針


茨城県国民健康保険団体連合会(以下「連合会」という。)は、事業運営上取り扱う情報資産をあらゆる脅威から保護することが極めて重要な社会責務と自覚しています。その社会的責務を果たすため、連合会は情報セキュリティに関する方針を定め、役員・職員等一丸となって個人情報の保護、セキュリティレベルの向上に取組んでおります。
連合会は、本方針に基づき、情報セキュリティ確保のための諸規定を定め、情報に対する適切な管理に努めてまいります。
連合会情報セキュリティポリシーの基本方針は次のとおりです。なお、関係機関等の要請、及び法令等の変更に対応するために、本方針等を定期的に見直し、必要に応じて改善を行います。


1 趣旨

連合会は、国民健康保険法、高齢者の医療の確保に関する法律及び介護保険法等に基づく診療報酬等の審査支払事務をはじめ、国民健康保険に関する広報及び研修等、会員である保険者等の円滑な事業運営に資するための事業を実施している。
これらの業務は、個人の診療情報等の重要な情報を取り扱うので、この情報資産の安全で適切な管理の確保を図る必要がある。

2 情報資産

連合会は、診療報酬明細書等、これらを基礎とするデータベース、役職員及び審査委員に関する個人情報等、厳重に保護すべき個人情報資産を大量に保有している。

3 社会的責任

連合会が保有する情報資産を紛失し、流失させ、又はシステムの故障により業務停止等の事故が発生した場合には、本会の業務が混乱し、社会的信用を失墜することとなる。
このため業務の円滑な運営を確保し、個人情報の流出・悪用を防ぐことは社会に対する重要な責務である。

4 安全管理推進体制

情報セキュリティ統括管理責任者を定め、情報の安全な管理対策を組織全体で統一的に推進する。情報の安全管理のため、物理的及び技術的な対策基準を定め、事故発生時の具体的な対応方法を含め、全職員に教育し徹底させる。

5 適用範囲

連合会で取り扱うすべての情報資産、情報システム及びネットワークを安全管理対策の適用範囲とする。


平成19年7月
茨城県国民健康保険団体国保連合会



▲このページのトップへ