国保連合会について国民健康保険情報後期高齢者医療情報介護保険情報障害福祉情報
被保険者の方へ保険医療機関、保険薬局の皆様へ特定健診・特定保健指導実施機関の皆様へ国保保険者の皆様へ(会員専用)
ホーム > 被保険者の皆様へ > 制度等の案内 > 国民健康保険制度等の案内

国民健康保険制度等の案内

国民健康保険とは

国民健康保険は、加入者のみなさんが安心して医療を受けられるよう、国保税(料)を出し合い、助け合う制度です。みなさんが納める保険税(料)は、国保を支える貴重な財源です。納期内に必ず納めましょう。

 

また、加入者のみなさんが医療機関等を受診した時の医療費は、窓口での自己負担のほかは、国や県の負担金、保険税(料)などで賄われています。

 

県保健福祉部厚生総務課公表の「平成30年度国民健康保険事業状況」によると、国保の加入者数は、735,288人で前年度から36,168人減少しました。市町村国保における総医療費は、2,328億6,900万円で前年度から3.4%減少しましたが、一人当たり医療費は321,370円で、前年度から1.4%増加しました。
国保の加入者数の減少により、市町村国保の保険料(税)現年分収納額は前年度から2.0%減少し、市町村国保の運営状況は厳しい状況です。医療費を大切にするためにも、日頃から健康に留意し、元気に過ごせるようにしましょう。

 

年に1度の特定健診もお忘れなく!!

 

 

知っておきたい国保のPoint

 

 

get_adobe_reader

PDFファイルを表示するには、Adobe Systems社のAdobe(R) Reader(無料)が必要です。左のリンク先からダウンロードしてインストールしてください。

 

▲このページのトップへ